VBAの効果的な学習方法について

 

どうも”TL”です。

この記事は、業務効率化や業務改善を目的としたプラグラミング初心者がVBAを学ぶ際に、どのように学習していったら良いか、その方法についてお話していきたいと思います。

 

なお、別の記事で初心者のプログラミング入門はVBAを学べ!!というものを書いてますので、興味がある方はご覧下さい。

VBAの学習は独学で勉強可能

システム開発等の業務を行なっている方達は相当のレベルのプログラミングスキルの習得が必要になります。

 

プログラミングスキルとして、アプリやシステム開発等で実際に売れるものを作成できる(高度なプログラミングスキル)レベルまで習得しようとすると、約1000時間ほど学習時間が必要だとも言われています。

 

しかし、正直なところ、システム開発等をせずに業務効率化や業務改善を目的としたプログラミングスキルの習得を目的とした場合は、高度なプログラミングスキルは必要ないと思います。

 

世の中にプログラム言語は多々ありますが、

VBAでの業務効率化を目的としたプログラミングスキルの習得は、個人差はありますが、約100時間ほどあれば習得可能だと考えています。

 

現在、プログラミングスキルの重要性が上がっており、プログラミング学習を行なう教室は多数ありますが、そのような教室に通わなくても、業務効率化するレベルのプログラミングスキルは独学で習得可能だと考えます。

 

おすすめ学習法

書籍を用いて勉強

本での学習は鉄板ですよね。

現在は、「VBA入門」や「世界一分かりやすいVBA」等、色々な分かりやすい書籍が出版されています。このような書籍は非常にまとまっていて学習する上でとても有益だとは思います。

 

しかし、注意して頂きたいのが、

実際に買ってみてみると、自分が学びたい内容となかなかマッチしていないことが良くあって、本の内容の通りに進めていると、「そこは知ってるよ!」や「それはやりたい事じゃない!」など頭に浮かんできて、結局知りたい内容は1割にも満たなかった。ということが良くありました。

 

そうなってくると、結局読まなくなってしまい、「本を買ったけど、もったいなかったな。。。」と思う事がありました。

 

そのため、買う前に本の内容をよく吟味して、自分の学びたい内容とマッチしているか、レベルは合っているかを確かめてから購入するようにしましょう。

 

インターネットにて調べる

Google等で「VBA 基本」「VBA 入門」等と調べると、色々と解説が丁寧にされている良くまとまったサイトが多数出てきます。

 

まとまり具合は書籍に比べるとやはり劣るとは思いますが、一冊の書籍に記載されている以上の情報をすぐ知ることが出来るので、調べ方次第でとても学習に適している手法だと思います。

 

しかも、スマホは常に所持していると思いますので、すきま時間にちょっとした調べものをして。ということもできるのでまとまった時間をとれなくても学習することが可能です。

 

実際にVBAを使用して作ってみる

この手法を私はおすすめします。

VBAを学ぶ理由として、処理の自動化を行なうことで業務効率化したいと思ったことがきっかけで、勉強し始める方が多数かと思います。

エクセルの良いところとして、VBAコードを自動生成してくれるマクロ記録を簡単に作成できます。

そのため、①定期的に行なっている作業をマクロ記録にてVBAコードを作成し、②それを元にしてコードの改変を行い、全自動で行なえるツールを作成する。

という手順をとることが、目的である業務効率化における最短の道を辿ることが出来ると考えています。

 

まとめ

正直なところ、紹介した3つの方法を全て並行にこなすことが一番スキルが身に付くかと思いますが、時間がとてもかかります。

 

そのためおすすめする方法としては、VBAは開発環境がすぐに用意できるという利点を生かして、実際にVBAで作りながら学ぶ手法をとるのが、一番身に付くし効率的であるかと思います。

 

そのときに、VBAで作っていて分からないことが出てくると思うので、その都度インターネットで調べて、実行してみて試行錯誤することがとても効果的だと考えます。

 

そして、実際に調べていて、「こんなことできるんだ。。。」という気になった動作があった場合は、サンプルコードが載っていたら、VBAコードをコピペ等で組み込んでみて動かしてみることで、今後自分の中での動作の選択肢が増えて、業務効率化における発想の幅が広がることに繋がると思いますので、おすすめします。

 

 

Follow me!

コメントを残す

CAPTCHA