社会人のプログラミング入門としてはExcel VBAを学ぶべき!


 

この記事では、社会人の方が初めてプログラミングを学ぶために一番適していると思うプログラミング言語等をその理由とともに紹介していきたいと思います。

 

全くの初心者はVBA言語でプログラミングを学ぶべき

初めてプログラミングを学ぶと考えたときに、一番とりかかりやすく学びやすい言語はExcelのVBA(Visual Basic for Applications)だと考えています。

“Excel” は社会人なら誰しもが一度は聞いた事があるかと思いますし、使用したこともあるソフトだと思います。

 

以下でその理由を述べてみます。

 

OfficeのExcelは使い慣れていて機能や使い方が分かる

まず一つ目の理由としては、Microsoft社のOffice製品は、日本で働いている社会人にとって最も接する機会が多いからです。

 

Officeソフトウェアの中にはたくさんのソフトが含まれていますが、代表的なソフトは以下になります。

 Word
 Excel
 PowerPoint
 Access
 Outlook
 Onenote

 

この中で、非常に触れる機会が多いのが “Excel” だと思います。

Excelを何で使用しているか簡単に言うと、数値等の計算、データの集計、情報の管理等がメインだと思います。

 

プログラミングに限らず新しく学ぶということは、非常に体力もいるし、モチベーション維持が大変です。

そのため皆さんが使い慣れているExcelを利用することによって、新しく学ぶ際の最初のハードルを乗り越えやすくなりとりかかりがとても楽になります。

 

統合開発環境を作る手間がない

二つ目の理由としては、統合開発環境を作る手間が必要ないからです。

 

どういうことかというと、通常プログラミングで何かしようと思った場合は、プログラムを実行させる環境(開発する環境で統合開発環境と言う)を最初に構築する必要があります

 

プログラムで動くシステムやアプリを作る場合、簡単に書きますが通常は以下の手順を行なっています。

 開発する環境を作成する
ソースコードを記載する
プログラムを動かすためにコンパイルをする
動作を都度確かめるためにデバッグをする

 

よく分からない言葉が出てきてますが、こういうものなんだくらいの感覚で見ていただければと思います。(安心してください、これらの言葉はプログラミングを学ぶうちに自然と分かってきます。)

 

システムやアプリを作る際のこれらの作業を行なうためには、ソフトウェアを用意する必要があり、ソフトをダウンロード、インストールをしたうえで良くわからない文言の設定等を行なう必要があります

 

これを理解して行なうのは大変ですし、初心者が行なうとしたら非常に骨が折れる作業となります。

これを解決してくれるのが、Officeソフトの“Excel” です。

 

なぜなら、このExcelにはプログラムを実行させるための環境(統合開発環境)が既に備わっています。

その名も “Visual Basic Editor” (略して”VBE”)といいます。

 

環境を作るという面倒な作業が必要なく、“Microsoft Office” がインストールされているパソコン、もしくはOffice365がインストールされているパソコンならすぐにでも始められます

※Web上で動作するOfficeではVBAでの開発はできませんので、Office365はデスクトップ版を使用してください。

 

作ったものがそのまま業務効率向上に繋がる

三つ目の理由としては、プログラムを学んでできるようになったこと(作れたもの)が、そのまま業務の効率化に繋がります

 

通常、ソフトやアプリを開発する理由としては、組織として業務上の課題があり、それらを解消するという目的のためにソフトやアプリを開発し、組織的に使用するために導入することが一般的です。

 

しかし、それらを個人が目的をもって作成することは非常に大変ですし、動機付けが難しいです。

 

ExcelのVBAを用いた開発ならそのような大層な目的でなく、日々の業務の効率化をするため簡単に動機づけをして、始めることが可能です

 

仕事の時間短縮に繋がる

例えば、定期的に行なう作業で、
“毎回毎回同じ作業の繰り返しで嫌になる”と感じることはないですか?
その作業を”Excel”で行なうことが多いことはないですか?

その定期的な作業は “VBA” をうまく使えば、自動化することができ、その単純作業に労力が割かれず、他のクリエイティブな作業に専念ができるようになります。

 

間違いが少なくなる

人というのは、間違いをおかす生き物でることは周知の事実であり、そのために何度も何度も重ねてチェックをするし、確認者を変えてチェックも行います。

 

その点、機械というものは優秀で、単純作業(決まったルールに則った操作や確認等)は機械に任せれば間違いはなくなるので、「単純作業は機械」「考える必要がある作業は人間」というように、仕事の役割分担ができるようになります。

 

まとめ

これからプログラミングを始める場合にはExcelのVBA言語を用いることをおすすめする理由は以上になります。

 

今では、義務教育の一環で2020年よりプログラミング教育が必修科目として指定されています

 

なぜ義務教育で勉強させるのかは、論理的思考力、問題解決能力、想像力の醸成等の色々な理由があるかと思いますが、自分がプログラミングを学ぶことで一番大きかったと感じたことは、論理的思考力が身に付くということです。

 

仕事でもなんでも、その行動をする際の目指すべきところ(物事のゴール)があったら、その道筋を論理立てて組み合わせて達成することになると思います。

その時に論理的に思考することができれば、その道筋を作る力が大幅に身に付きます

これができると、一例として、仕事において上司に物事や状況を説明するとき、また日常生活においても何かを人に伝えるときに、理路整然としたロジックで説明することでき、結果相手に非常に伝わりやすい説明ができると感じます。

 

通常は今の社会人たちはそのような学習を学校でしてきていないため、人生経験や仕事をしていくことで求められる状況を経て、考え試行錯誤することで論理的思考等の力を身に付けているのだと思いますが、その能力を効率的に手に入れられる方法が、プログラミングを学び覚えることであるとわたしは考えます。

 

いつ初めても良いと思います、これを機にプログラミングを学んでみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

CAPTCHA